2018年02月12日

柴犬の飼い主になるなら食事管理にも気を使って

柴犬の飼い主になるなら、食事管理にも気を使ってあげましょう。
涙やけがでたりアレルギーになったりしたら可哀想です。
また、犬にとっては運動は非常に重要で、病気の引き金になる肥満には運動不足が大きく関係します。


食事や散歩以外にも、柴犬を飼う上で大事なのがしつけだという事です。きちんとしつけの出来ている犬は、飼い主さんはもちろん他人にも可愛がってもらえます。



しつけトレーニングは、飛びつきや噛み付きなど、日常生活で必要不可欠です。さらに、犬の健康のため、人工添加物を使わないナチュラルドッグフードが良いでしょう。



勿論、運動不足も大敵で、太り過ぎや肥満は、高脂血や高血糖トラブルを招き、脂質代謝異常症や膵炎、糖尿病などの病気になるリスクがあります。



まわりに迷惑をかけないしつけ、柴犬の健康のための食事や運動、これは絶対に必要です。
犬も人と同じでストレスを感じます。
人と同じように感情があるのです。

色々な心模様が、柴犬にもあるわけです。
どういうことかというと、心的ストレスで病気になる可能性があるという事です。


生活環境が大きく関わっていて、散歩に連れていってあげないなど、孤独感や不満が体調に影響するケースが少なくなりません。共に生きる愛犬のためには、愛情をもって柴犬の世話をしてあげることです。一緒に暮らすなら柴犬が良いと思ってます。でも責任を持てないなら犬を飼うのは止めましょう。食事は健康や栄養を考えてあげて、人間のあまりものなんて犬の健康によくありません。
柴犬と健康に幸せに過ごしたいなら、高脂血や高血糖など、肥満に気を付けましょう。


その他に注意が必要なのは、面倒臭がらずに散歩に散れてってあげることです。

ドッグフードも大切ですが、運動不足もメタボやストレスの温床になります。
犬の環境は飼い主次第です。柴犬は、犬の中でも超好きなんですよね。



後ろ足が何だか凛々しく見えちゃいますし、他とは違ってこの犬種だけは、恋人気分になります、雄雌関係なく。そんなに好きになれない人もいるかのしれないですが、私的な見解ではあるけど、犬の中では柴犬が一番好きですね。犬の食事であるドッグフードには拘ってやりたいですし、一軒家にこしたら飼ってやろうと決めてるんですけど。柴犬を購入したら、いくらかかるんでしょう。飼ったらちゃんと一生可愛がってあげるのになあ。



今度店で柴犬見かけたらクレジットカードででも飼ってみようかな。柴犬を飼うには、毎日の食事にも注意を払ってあげるべきでしょう。

市販で安物のドッグフードは添加物も多く犬の健康のためにはおすすめ出来ません。犬が肥満になりやすく、高血糖などのトラブルから大きな疾患になるかもしれません。
普段の犬の食事以外のところでも、柴犬の健康を考えるなら体を動かすことも大事です。体を動かす環境を整えてあげるのも非常に大切です。

柴犬を飼う者の責任として、元気に楽しく生きていけるように配慮してあげましょう。自宅で犬を飼うならドッグフードは品質の良い物を与えてあげましょう。私は柴犬って犬がお気に入りですが、同じ屋根の下で生活する以上は飼い主が全ての責任を持ちましょう。

病気予防や日々の運動、そして食事が最も大切です。


柴犬という犬もドッグフードひとつで体調の良し悪しが異なってきます。犬の健康や生命は飼い主が預かっていて、無責任な飼い方は絶対にしてはいけません。
柴犬も同じで食事にも気を使ってあげましょう。
ドッグフード研究所@愛犬の健康を守る食事や病気対策について
posted by おおさわ at 20:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする